琥珀とブルーアンバーについて

ブルーアンバーは琥珀の一種です。
なので普段の見た目もほとんど琥珀と変わりがありません。
あえて言うと少し青みがかって見えることもありますが、ブルーアンバーが青く見えるのは紫外線下なので、紫外線が少しでもあたっていると青みがかって見えるということらしいです。
ブルーアンバーはべっこう飴のような美しさと海のような神秘性をどちらも楽しめる、たいへん珍しい石です。
琥珀は全世界に産出地があり、比較的なじみ深い宝石とも言えるかと思いますが、ブルーアンバーはその中で産出地が極めて少なく、たいへん希少な存在なのです。
また琥珀は火にくべるとたいへん良い香りを放つため、お香としても愛されてきた歴史があるそうですが、ブルーアンバーも同じ琥珀とはいえ、火にくべるにはあまりに希少すぎるでしょうね。
琥珀意味とは?アンバー効果・パワー紹介!【誕生石・石言葉は?】