無利息キャッシングについて

お金を借りても返済時に利息がつかない金融商品を、無利息キャッシングといいます。
とてもお得な借り方である無利息のキャッシングは、借りた時の金額と同じ金額を返済すれば良いのです。
貸す側は利息をつけることで商売をしているので、本来ならば、お金を借りれば利息がつくのが当たり前だといえます。
あまりにも話がうますぎて、利息もつけずに担保も保証人も必要とせずお金を貸す融資ということに、不安になる人も多いことでしょう。
借り入れ日数や利用限度額に条件があることが、無利息キャッシングの特徴だといえます。
条件は各金融会社によって違いますが、7日、10日、15日、30日などの借り入れ日数があるようです。
ほとんど借り入れを数ヶ月単位ですりことができる無利息キャッシングはありません。
月に1度まで、あるいはカード発行後の最初の1回のみ無利息キャッシングができるという金融会社もあるそうです。
それぞれの金融会社が定めた条件の中でしか、無利息キャッシングをすることはできません。
延滞損害金を、期間内に返済できなかった場合は請求されることになります。
金額は遅延の場合、普通より高額に設定されていることもあるのです。
返済が期間内にはできずに、利息が無利息キャッシングではなく、通常のキャッシングとしてついてしまうこともあるそうです。
条件の範囲内で使えるように、無利息キャッシングを利用する時は気をつけましょう。